さんぶつげ
讃仏偈

それでは始めましょう。両手を合わせて「ナマンダブツ」と3回言い、その次に両手を合わせたまま、礼をします。
 
きん2回

こうげんぎぎ
光顔巍巍*ここはお坊さんのみ。
いじんむごく
威神無極*ここから全員で唱えてください。
にょぜえんみょう
如是焔明
むよとうしゃ
無与等者
にちがつまに
日月摩尼
しゅこうえんにょう
殊光焔耀
かいしつおんぺい
皆悉隠蔽
ゆうにゃくじゅもく
猶若聚墨
にょらいようげん
如来容顔
ちょうせむりん
超世無倫
しょうがくだいおん
正覚大音
こうるじっぽう
響流十方
かいもんしょうじん
戎聞精進
さんまいちえ
三昧智慧
いとくむりょう
威徳無侶
しゅしょうけう
殊勝希有
じんたいぜんねん
深諦善念
しょぶつほうかい
諸仏法海
ぐじんじんのう
窮深尽奥
くごがいたい
究其涯底
むみょうよくぬ
無明欲怒
せそんようむ
世尊永無
にんのしし
人雄師子
じんとくむりょう
神徳無量
くくんこうだい
功勲広大
ちえじんみょう
智慧深妙
こうみょういそう
光明威相
しんどうだいせん
震動大千
がんがさぶつ
願我作仏
さいしょうほうおう
斉聖法王
かどしょうじ
過度生死
みふげだつ
靡不解脱
ふせじょうい
布施調意
かいにんしょうじん
戎忍精進
にょぜさんまい
如是三味
ちえいじょう
智慧為上
ごせいとくぶつ
吾誓得仏
ふぎょうしがん
普行此願
いっさいくく
一切恐懼
いさだいあん
為作大安
けしうぶつ
仮使有仏
ひゃくせんのくまん
百千億万
むりょうだいしょう
無量大聖
しゅにょごうじゃ
数如恒沙
くよういっさい
供養一切
しとうしょぶつ
斯等諸仏
ふにょぐどう
不如求道
けんしょうふぎゃく
堅正不却
ひにょごうじゃ
譬如恒沙
しょぶつせかい
諸仏世界
ぶふかげ
複不可計
むしゅせつど
無数刹土
こうみょうしっしょう
光明悉照
へんししょこく
此諸国
にょぜしょうじん
如是精進
いじんなんりょう
威神難量
りょうがさぶつ
令我作仏
こくどだいいち
国土第一
ごしゅきみょう
其衆奇妙
どうじょうちょうぜつ
道場超絶
こくにょないおん
国如泥洹
にむとうそう
而無等双
がとうあいみん
我当哀愍
どだついっさい
度脱一切
じっぽうらいしょう
十方来生
しんねつしょうじょう
心悦清浄
いとうがこく
巳到我国
けらくあんのん
快楽安穏
こうぶつしんみょう
幸仏信明
ぜがしんしょう
是我真証
ほつがんのひ
発願於彼
りきしょうしょよく
力精所欲
じっぽうせそん
十方世尊
ちえむげ
智慧無碍
じょうりょうしそん
常令此尊
ちがしんぎょう
知我心行
けりょうしんし
仮令身止
しょくどくちゅう
諸苦毒中
がーぎょーうしょーうじーん
我行精進*ここは、ゆっくりと。
にーんじゅーうふーけー
忍終不悔*ここは、ゆっくりと。
 
きん1回
 
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏*ここはお坊さんのみ。
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏*ここから全員で。
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏
なーまーんだーぶー
南無阿弥陀仏
 
きん1回
 
がんにしくどく
願似此功徳*ここはお坊さんのみ。
びょうどうせいっさい
平等施一切*ここから全員で。
どうほつぼだいしん
同発菩提心
おうじょうあんらっこく
往生安楽国*「往(おう)」に合わせて
 
きん1回。「安(あん)」に合わせて
 
きん1回。「国(こく)」に合わせて
 
きん1回。合計3回。
 
両手を合わせて「ナマンダブツ」と3回言い、その次に両手を合わせたまま、礼をします。これで終わりです。

【意味】仏説無量寿経 巻上
【五】 ・・・・・
世尊のお顔は気高く輝き、その神々しいお姿は何よりも尊い。
その光明には何ものも及ぶことなく、
太陽や月の光も宝玉の輝きも、
その前にすべて失われ、まるで墨のかたまりのようである。
まことにみ仏のお顔は、世に超えすぐれてくらべようもなく、
さとりの声は高らかに、すべての世界に響きわたる。
持戒と多聞と精進と禅定と智慧、
これらのお徳は並ぶものがなく、とりわけすぐれて世にまれである。
さまざまな仏がたの教えの海に深く明らかに思いをこらし、
その奥底を限りなく深くきわめ尽しておいでになる。
愚かさや貪りや怒りなど世尊にはまったくなく、
人の世にあって獅子のように雄々しい方であり、はかり知れないすぐれた功徳をそなえておいでになる。
その功徳はとても広大であり、智慧もまた深くすぐれ、
輝く光のお力は、世界中を震わせる。
願わくは、わたしも仏となリ、この世自在王仏のように
迷いの人々をすべて救い、さとりの世界に至らせたい。
布施と調意と持戒と忍辱と精進、
このような禅定と智慧を修めて、この上なくすぐれたものとしよう。
わたしは誓う、仏となるときは、必ずこの願を果しとげ、
生死の苦におののくすべての人々に大きな安らぎを与えよう。
たとえ多くの仏がたがおいでになり、
その数はガンジス河の砂のように数限りないとしても、
それらすべての仏がたを残らず供養したてまつるより、
固い決意でさとりを求め、ひるまずひたすら励む方が、功徳はさらにまさるであろう。
ガンジス河の砂の数ほどの仏たがの世界があり、
はかり知れないほどの数限りない国々があるとしても、
わたしの光明はそのすべてを照らして、至らないところがないように、
おこたることなく努め励んで、すぐれた光明をそなえたい。
わたしが仏になるときは、国土をもっとも尊いものにしよう。
住む人々は徳が高く、さとりの場も超えすぐれて、
涅槃の世界そのもののように、並ぶものなくすぐれた国としよう。
わたしは哀れみの心をもって、すべての人々を救いたい。
さまざまな国からわたしの国に生れたいと思うものは、みな喜びに満ちた清らかな心となリ、
わたしの国に生れたなら、みな快く安らかにさせよう。
願わくは、師の仏よ、この志を認めたまえ。それこそわたしにとってまことの証である。
わたしはこのように願をたて、必ず果しとげないではおかない。
さまざまな仏がたはみな、完全な智慧をそなえておいでになる。
いつもこの仏がたに、わたしの志を心にとどめていただこう。
たとえどんな苦難にこの身を沈めても、
さとりを求めて耐え忍び、修行に励んで決して悔いることはない。